終活相談で一人暮らし・独身の不安、財産に関する悩みをお手伝いします~遺言の効力・期間について~

遺言の効力・期間について~財産・遺言書で迷ったときは専門家に相談すると安心~

「遺言」は、相続財産を遺して亡くなった被相続人が、自分の最後の意思表示として残すものです。必ずしも死の間際に残さなければならないものではなく、終活が広く知られるようになってからは、若いうちから遺言書を準備する方もいらっしゃいます。

法的効力のある遺言事項は、財産の相続以外に財産の処分に関する事項、身分に関する事項があり、書面で遺すのが一般的です。遺言の効力や期間はどうなっているのか、疑問に感じることもあるでしょう。

結論から言うと、遺言書自体に有効期限は存在しません。適切に作成された遺言書は、何年・何十年前に書いたものであっても効力があり、それより新しい遺言書が作成されていない場合、発見されない場合は、日付を問わずその遺言書が有効となります。

複数の遺言書が存在する場合、基本的に日付が新しい遺言書が有効となりますが、記述内容が重複していない場合は古い遺言書も有効となります。財産の相続など、遺言書の作成を検討している、悩んでいるといった場合は、司法書士や行政書士、弁護士といった専門家に相談すると安心です。

終活相談は【株式会社ARION】へ~一人暮らしの方・独身で老後が不安な方もサポート~

終活相談でお悩みでしたら、シニア(高齢者)専門のサービスに力を入れている【株式会社ARION】へご連絡ください。人が生きる上での最後の安心は、「人とのつながり」と「財産の管理」がしっかりしていることであると考え、皆様の日々の生活をトータルプロデュースしています。一人暮らし・独身でこれから先の生活に不安を抱えている高齢者の方もしっかりとサポートさせて頂きますので、終活相談ができる相談先をお探しの方は、是非【株式会社ARION】をお選びください。

人・物・心をつなぐ【株式会社ARION】で理想のライフスタイルを実現

【株式会社ARION】では、人・物・心をつなぐことで、多くの人にゆとりあるライフスタイルを提案します。

「こだわりたい(自分探し)」「つながりたい(仲間づくり)」「役に立ちたい(社会貢献)」という人間の本質が満たされることで“生きがい”につながると考え、心身ともに明るく快適に過ごせるようスタッフ一同サポートいたします。高齢者向けの終活相談を利用したいという方は、お気軽にお問い合わせください。